トップメッセージ

Message from Top Management

社長写真

2030年に向けた長期事業計画の実行により
企業価値を高めると同時に
持続的な社会の発展に貢献する

私たちコーア商事ホールディングスグループは、ジェネリック医薬品原薬輸入のトップ商社であるコーア商事株式会社を中心に、注射剤を主とする医療用医薬品の製造販売を行うコーアイセイ株式会社、医薬品包装事業とOTC(一般用)医薬品の製造販売及び健康食品販売を行うコーアバイオテックベイ株式会社の3社、並びに各社を統括するホールディングスからなる企業グループとして、「ジェネリック医薬品のベストパートナー」を目指してまいりました。

新たなモダリティ(治療手段)の登場で、新薬開発のトレンドが変化しています。すでに承認・発売されている医薬品では9割超が低分子化合物ですが、現在開発中の医薬品では、低分子化合物の割合が下がり、代わりにバイオ医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療(再生医療)などの割合が上がってきています。このように医薬品業界でも大きな変化が起きています。

このような事業環境の変化の中で企業価値を高めていくためには、変化に対応するためのInnovation (刷新)を継続して実践していく必要があります。当社グループのコーポレート・スローガンである"New Business Model Innovation" に基づき、従来のビジネスモデルに満足することなく、商社機能と製薬機能を併せ持つビジネスの独自性をさらに活用し、国内の医薬品業界によりレベルの高い価値を提供してまいります。

具体的には、原薬販売事業を行っているコーア商事株式会社においては医薬品専門商社を、医薬品製造販売事業を行っているコーアイセイ株式会社においては、注射剤トップジェネリックメーカーを目指してまいります。コーアイセイ蔵王工場(高薬理活性注射剤製造工場)のシリンジラインでは増産を進め、バイアルラインでは新たな品目の追加を進めております。また将来に向け、注射剤全ての剤形を取扱う体制を構築していこうと考えております。 そうした中でも、昨今のジェネリック医薬品業界における品質や安全性、製造販売承認事項の遵守に対する諸問題を受けて、グループ全社において抜き打ちの立入監査を行うなど、品質管理を徹底し、確かな品質と安全性の確保並びに安定供給に真摯に取り組んでまいります。

グループ全社で長期事業計画を着実に実行していき、グループシナジー効果を最大限に発揮し、進み続ける「超高齢社会」に貢献することで企業価値を高めると同時に持続的な社会の発展にもより一層貢献してまいります。

(2022年7月1日掲載)

コーア商事ホールディングス株式会社
代表取締役社長

首藤 利幸

RELATED PAGES


TOP
TOP